データは多い方がいい

自分のトレードルールが正常に機能しているかどうかを調べるのには、たった数回のトレード結果だけでは足りません。スキャルピングやデイトレをしていると1日に1回〜5回ほどエントリーをし、1ヶ月にすると20回〜100回はエントリーするかと思います。なので、大体1ヶ月の数十回分のトレード結果でトレードルールの検証をするのが良いです。なぜならFXは確率の要素が大きい世界であり(というよりほぼ全ての要素を確率で考える)検証の元となるデータは多ければ多い方が、それだけ正しい結果に近くなるからです。







あらゆる分析方法によってチャートの動き方を予測する

69u

分析ということを色々と行えるのがFXの魅力です。他の取引ではこのチャートならこう動くなんて予想をすることはないと思いますが、FXにはあらゆる分析方法によってチャートの動き方を予測することができます。

この予測があっているかどうかはわかりませんが、単純に状況を見守るよりは圧倒的に勝てるようになります。こうした分析という部分は多くの会社が取り組んでおり、テクニカル分析という名前で提供されていることが多いです。

この情報を見ながら取引を行うだけでも結構勝てるようになりますので、もしFXを始めるなら分析を見ながら判断するといいです。色々なグラフで表示されているのは、こうした分析を行うために必要な情報だからです。昔から利用されてきたローソク足を始め、折れ線グラフの状況から分析をする方法も当然用意されています。

FXだからこそ色々な予想や考え方を見つけられるというのもありますし、その分析によって明らかな失敗というのは防ぐことができるのです。こうしたリスクを軽減することが出来る方法を取っているからこそ、FXは利用しやすい取引方法ということが言えると思います。

初心者にもやさしい取引であることは何度も言われていますが、実際に触ってみるとその良さが分かるのです。FXには全く知識が無くても取引が行えるように、システムトレードを採用している所があります。会社側(ハイローオーストラリア)が独自に制作したシステムを選び、後はお金を入れておくだけで取引が行えます。色々な分析をしながら挑戦していくのがFXの醍醐味であるのは間違いありませんが、そのような知識を持っていない場合はどうすればいいのか迷ってしまいます。でもシステムトレードを利用することによって、誰でも分析通りの取引を行うことが可能となり、しかも上手に売買を繰り返しているので頻繁に見ている必要性がありません。システムトレードは初心者にとってはかなり有効ですし、上級者が更なる利益を出すためにも利用できる画期的な方法なのです。

色々な取引方法を使いながら、利益を出していくというのがFXです。システムトレードの中身によっては失敗することも当然ありますが、システムにはこのタイミングでカットするということが入力されているので大損ということはありません。また利益についても追い過ぎないように設定されていることが多く、下がりそうなら勝手に終了します。つまりもっと狙えるという気持ちを抑えることによって、しっかり利益を生み出すための手段だけを講じられるようになっているということです。








自分のトレードルール

  • FXトレーダーには、ここではエントリーする、ここでは見送る、などのトレードルールを誰しも持っているかと思います。ではその自分のトレードルールを破ってエントリーし、それがたまたま利確出来てしまった場合、それは結果オーライでよしとするか、ルール違反として反省するのか、どちらが正しいかといいますと、ルール違反をしたということで反省するほうが恐らく良いです。でないと自分のトレードルールに沿ってトレードをし続けるという正しい行動が出来なくなってきます。

 

リンク紹介